1-1イメージがないとどういうことが起こるのか

ところが今、人々は自分の生活に追われています。生きることが精一杯でこの「イメージ」を働かせる機能がかなり劣化しています。

無力な子供に対してのイメージが働かないから虐待が起き、友だちの痛みをイメージできないからいじめが起きる。汗をして働く人の頑張りや、その先の喜びをイメージできないから盗み、横領し、それをごまかして闇に葬ろうとする。人の命を奪うこと、それがどんな悲しみや痛みを伴うことなのかのイメージが出来ないからその手を止めることができない……。

「空気を読む」という状態も、「イメージが出来ない」から起こることです。
その場の状況、人の様子、そういう「表面的な部分」を見てただそれに「自分を合わせる」だけ。それが「空気を読む」行動。けれど、もうちょっと深くイメージしてみればその行動が端から見たら単なる茶番劇でしかない、ということに気が付くことでしょう。

実は、そこにいる人達はみんなお互いの行動を見て合わせているだけなのかもしれない……そういう「イメージ」をしながら観察してみる。そういうイメージを持ってみると人の行動に隠れている「想い」が見えてくる。それが見えたら、その場で自分はどうあったらいいのかがちゃんとわかってくる。この茶番につきあって無駄な時間を過ごすのか。それとも自分と同じように「茶番」につきあっている人間を見つけて「本当の楽しさ」を一緒に見つけるのか。

実は、じっくり観察し、確かなイメージが出来たら「その場の茶番」をコントロールして「本当に楽しかった」とその場の人々をうならせる状態に持っていくことだってできるのです。

今の社会で起きている様々な問題。現象。そのすべてを引き起こしているのが「イメージの欠如」なのだという点ではみんな同じ根っこの上に立っています。だから、容易に人にコントロールされてしまうのです。目の前の茶番や、見た目の楽しさだけに合わせて右へならえとイメージを働かせないからずるずると引き込まれ、やがてイメージする力さえも失って、結果ベルトコンベアーに乗せられたような生活しかできなくなってしまうのです。

つまり、それは「プログラムされた生活をこなすだけ」の状態。そしてそれは「機械」でも出来ること。言いかえれば「イメージできない人間」は「ロボット」のような機械に等しい、ということになるのです。人が人でなくなり、誰かのプログラムに従って動くだけの社会。体温を持ち血の流れるロボットがうごめく社会……。

(マニュアル化された客への受け答えしかしない電話対応・窓口対応やコンビニの店員などのオウム返しのような感情のない言葉から、それに近いものを感じたことはありませんか?)

テレビや新聞から「与えられる」ニュースをそのままうのみにし、もしかしたらそれが「操作された情報」かもしれないのに「真実」と受けとめて、そこに生み出された「悪者」を皆で口をそろえて批判する。昨今の政治情勢の中にも、それらしいことがたくさん隠されているように思います。

そうして、もしかしたら実は「操作」されていることに気が付かないまま、「自分たちで考える」事をしないまま、「コントロールされた社会」の中で自分自身は何も見ない、何も感じないで「作られた平和」の上で何事もないように暮らし続ける。

私たちの社会は今、イメージ力を育てないことでそこにどんどん近づきつつあるのです。もうすでにそれに気がつけない状態に陥ってしまっているのです。

イメージ力の欠如。
今の社会の問題のほとんどの一番の原因は、そこにあったのです。

逆説を唱えると。
「正しいイメージ力」がちゃんと育っていけば、今の社会は当然ちゃんと立ち直ることができるのです。

Photo : Midori Komamura

1 「イメージ」がないとどういうことが起こるのか。

「もしも○○だったら」と考えること。それも「イメージ」する方法の一つです。
だからこの文章の最初から、実は「イメージ」が出来ないと成り立たないのだけれど、まずはそこから入ってみます。

「もし、イメージすることが出来ないとどうなるのか。」

朝起きる。時計を見る。目覚ましが鳴らなかったのかいつもよりも遅い時間。
「じゃぁ、この後どう動くのか」……そこにまず「イメージする」という事が起きるのだけれど、それが出来ないといつものように起きていつものように歯を磨き身支度し食事をしていつものように家を出る。

家を出てから学校や職場に行くまでにもイメージは仕事をします。今日は一体、何の授業があって宿題には何が出ていて、順番から行ったら自分が当たりそうだから、わからなかった問題をあの子に聞いておこう……とか、今日の仕事はちょっと忙しくなりそうだから、少し会社に早めに着いていた方がいいかな、着いたらまず、あれとこれを準備して……とか、その日1日の状況を予測して自分の行動をシミュレーションするような感じで、ほとんどの人が無意識に「イメージ」を働かせているのです。

これが全く働いてくれなかったとしたら……。ただ時間にその場に行って、与えられたことを与えられたままにこなし、時間が終わったらまた家に戻る。それはまるでベルトコンベアーで決まったルートを流れていく状態か、機械仕掛けの人形のようなもの。

工作の時間などに刃物を持つ。刃物に触れたらどんなことが起きるのか、人はそれをイメージする(もしくは体感から記憶によみがえらせる)から、むやみに振り回したり人にむけたりすることを「常識として」普通はやろうとしません。「これが当たったら痛い」という「痛みのイメージ」を呼び起こしたり「ケガをして血が流れる」などの「恐怖のイメージ」を持ったりするからです。けれどもし、このイメージがなかったら、手に持ったまま振り回したり、平気で人に向け、それが当たったり刺さったりすることも気にしないし、逆に自らにそれが向かうことに対しての恐怖さえも感じることはありません。

自分よりも弱いものを守ろうとする行動もイメージが支えています。もし、自分が今手を貸さなかったら、自分が守らなかったら、この先この子はどうなるのだろう。自分の飼っているペットはどうなるのだろう。もし、自分がその立場に立ったらどんなに悲しくつらいだろう?……私たちは目の前で人が何か困っているときにそういうイメージが働くから、「大丈夫ですか?」と声をかけ、泣いている子供を抱きしめ、言葉が通じるかわからないペットに話しかけるのです。

もし、そこに「自分がその立場だったら」というイメージが働かなかったら、困っている人や弱っているものを見てもなにも感じないし当然働きかけをすることもないことになります。

Photo : Midori Komamura

目次

記事

PROFILE

駒村みどり
【スマイルコーディネーター】

音楽活動(指導・演奏)、カウンセリングや学習指導、うつ病や不登校についての理解を深める活動、長野県の地域おこし・文化・アート活動の取材などを軸に、人の心を大切にし人と人とを繋ぎ拡げる活動を展開中。

信州あそびの杜学園長

Twitter:komacafe 
HP:コマちゃんのティールーム
  信州あそびの杜学園

facebook:Midori Komamura
     信州あそびの杜学園
笑顔をつなぐスマイルコーディネーター

アメブロ:【うつのくれた贈り物】


WebマガジンNgene特派員
(長野県の文化、教育、地域活性化などに関わる活動・人の取材)
【羅針盤】プロジェクトリーダー。

詳細は【PRPFILE】駒村みどりに記載。

カレンダー

2020年4月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930